オリジナルビニール袋製作のモロフジオンラインショップHOME » 製作の流れ

製作の流れ

Webから注文

製作の流れ

「見積り作成・ご注文」ボタンより進みます。
(1)ご希望の袋の形状・サイズ・色・材質・印刷色を選びます。
※単価表にない数量・印刷色数・仕様についてはご注文にはならず、見積り依頼となります。

(2)商品の仕様が確定しましたらマイページ登録を行っていただきます。
既にマイページをお持ちの方はログインして進みます。

※掲載品以外の商品・サイズ・仕様についてはフルオーダーでのご注文となります。詳細はこちら
※フルオーダーのご注文には最低発注数量が必要になります。(A4サイズ対応惰円抜き袋の場合6,000枚~)

発注内容確認

担当営業より、発注内容のご確認のためご連絡を致します。
ご不明な点はお気軽にお問合せ下さい。

ご入金

お支払方法は銀行振込となります。
ご注文内容確定後に、ご請求書を発行いたします。請求書に記載の指定口座へお振込ください。

ご入金を確認後、生産開始となります。
新規のご注文の場合は、データのご入稿までにお願い致します。
再注文の場合はご注文内容確定後、速やかにお手続きをお願い致します。
また、納期に指定の期日がある場合には、お振込期限日を設けさせていただきます。

データ入稿

*データ入稿についての注意点

入稿の際は完全データの支給をお願い致します。

イラストレーターアイコン
データの形式: Abobe Illustrator(イラストレータ)

・IllustratorのバージョンはCS3以下にしてください。
文字は必ずアウトライン化してください。
・データがお手元にない、Illustratorがない場合は、別途ご相談下さい。

印刷の位置や色等の詳細な指示はコチラの指示書をご利用下さい。

デザイン指示書(惰円抜き袋)PDFファイル
デザイン指示書(レジ袋)PDFファイル
デザイン指示書(記入例)PDFファイル

校了

デザインデータをご確認頂き、校了となります。
ご入稿いただいたデータをもとに『版下データ』(PDF形式)を作成し、メールにて送付いたします。校了を頂くまでは進行できませんのでご注意ください。


製作

最新機器で構成された製造ラインと厳しい検品・管理システムで信頼性の高い製品を供給します。

  1. 製版
    金属製のシリンダーに印刷用のデータを掘り込んで版を作ります。1色につき1本の版を作り、また、印刷する内容によっても製版の方法が変わります。
  2. インフレーション
    融解した原料に高気圧の空気を送り込んで膨張させることで、長い筒状もしくはシート状の薄膜(フィルム)を作ります。袋の元を作る作業です。
  3. 印刷
    インフレーション工程を終えると、お客様から頂いたもしくは打ち合わせしたデザインデータを基に印刷を行います。弊社は「グラビア印刷」ですので、印刷面積も広く仕上がりもとてもきれいです。
    ※ビニール(ポリエチレン)製品以外ではシルク印刷等を採用しているアイテムもあります。
  4. 製袋(シーリング)
    印刷の段階ではまだ袋がフィルム状になったままですので、袋の底の部分または両サイドを熱シールで閉じていきます。この作業が「製袋(シーリング)」と呼ばれる作業です。
    熱シールをしながら袋をカットしていくことで、スーパーやコンビニで手にするレジ袋、街頭やイベントで配布される楕円抜き袋など、普段私たちが目にする形の袋が出来上がっていくのです。
  5. 梱包作業
    最後に、納品前の箱詰めや袋の中にパンフレット等を入れる作業を行います。

納品

納期は商品によって変わりますので各詳細ページに記載の納期をご確認下さい。
また、出荷からお届けまでは2日~4日ほどかかります。沖縄・北海道・離島、及びイベント会場等への搬入は別途ご確認ください。

製品の納品は通常は1箇所納品です。数箇所へ個別納品される場合は事前にご連絡下さい。

印刷用に製作した版は2年間当社で保管いたします。次回のご生産時は版代は不要となります。但し、改版時は別途費用がかかります。

モロフジオンラインショップへのお問い合わせ
  • モロフジオンラインショップのシンプルオーダー
  • モロフジオンラインショップへのお問い合わせ

ページの先頭へ